kenisyoumen.jpgLOGO.jpg
since(07.05.28)
 最終更新日
2017.12.4




総選挙結果について
               
                             2017年10月24日 日本共産党山形県県常任委員会
(1)
 10月22日に行われた総選挙で日本共産党は山形県で3つの小選挙区で1区15354票、得票率8.44%、2区10923票、得票率5.13%、3区11241票、得票率5.64%でそれぞれ議席の獲得には至りませんでした。比例代表では34153票、得票率 5.83%(前回44833票、得票率8.7%)、を獲得し、高橋千鶴子候補の当選を勝ち取ることができたことは貴重な成果です。小選挙区で沖縄1区の赤嶺政賢候補が議席を守ったことは重要な前進ですが、比例では全国的には前回獲得した20議席(606万票11.37%)から11議席(440万票7.91%)に後退し山形県でも後退したことは残念な結果です。多くの県民のみなさんから物心両面のご支援をいただいたことと、昼夜を分かたず奮闘された支持者、後援会員、党員のみなさんにあらためて感謝します。同時に次の国政選挙では必ず躍進できるように捲土重来を期す決意です。
IMG_0665.JPG
  衆議院選挙結果について報告する高橋ちづ子衆院議員(10月25日 山形市)

(2)
 今回の選挙では、日本共産党は市民と野党の共闘を成功させるために努力を続けてきました。全国67の小選挙区で予定候補を降ろす決断を行い、多くのところで自主的支援を行いました。この決断が共闘勢力が全体として38から69に議席を伸ばすうえで大きな貢献となりました。
 山形県では市民連合のみなさんの最後まで「野党は共闘を」の呼びかけも大きな力になりました。しかし、選挙直前に民進党が希望の党と合流することとなり、県内ではそれまでの市民と野党との共闘の議論から民進党は脱落し県内すべての選挙区に希望の党公認で立候補することとなりました。希望の党は選挙公約に憲法9条を含む改憲、安保法制の容認を掲げる政党であり、これまでの市民と野党の共闘の大本の合意に反する政策をかかげており、共闘の継続は不可能でした。
 日本共産党は、3つの小選挙区に候補者を擁立し、9条改憲反対、安保法制廃止の旗を高く掲げ市民と野党の共闘の立場から奮闘しました。野党共闘を願う多くの市民のみなさんから歓迎され、共感を広げたことは今後の財産になるものと確信しています。
(3)
 総選挙の結果、全国では自民党・公明党は議席の3分の2をしめ、県内でも3つの小選挙区の議席を独占しました。これは希望の党という自民党の新しい補完勢力が、野党共闘に分断と逆流を持ちこんだ結果に他なりません。自民党が得た比例得票は33%(有権者比17.3%)県内では34.4%(有権者比21.4%)であり、全国で全議席の61%、県内での議席独占はもっぱら大政党有利に民意をゆがめる小選挙制度がもたらしたものであり、「虚構の多数」にすぎません。
 総選挙で日本共産党は安倍暴走政治の審判を正面から呼びかけ安倍政権退場後にどんな日本をつくるのかについて外交、経済、原発、憲法、核兵器―5つの柱で日本改革のビジョンを訴えました。どの分野でも対案を示した姿勢に共感が広がりました。今後日本共産党は新しい国会に総選挙で掲げた公約を実現するために全力をあげ、市民と野党の共闘の発展、憲法改悪阻止をはじめとした各分野の国民運動、県民運動に全力を上げる決意です。
(4)
 市民と野党の共闘を前進させながら日本共産党自身の躍進を勝ち取ることは大切な課題です。私たちは二つの内容で努力と探求をすすめます。第1は日本共産党の綱領、歴史、
理念を丸ごと理解してもらい、共産党を丸ごと支持してもらえる活動を抜本的に強めること、第2に日本共産党の自力を強めることです。この間の努力はありましたが3年前の総選挙に比べて党員も「しんぶん赤旗」読者も後退させたままこの総選挙をたたかうことになりました。
 次の国政選挙、2019年4月の統一地方選挙での反転攻勢に向け全党のみなさんとともに草の根から「集い」を開き、広範囲な国民と日本の前途を語り合い党を大きく強くする活動に全力を上げる決意です。全党のみなさんの奮闘を心から訴えます。




 
yamagataburog.jpg
最新記事の紹介 


 

akahatatop.jpg
最新記事の紹介



  日本共産党山形県委員会HP趣味の写真ギャラリー(投稿をお待ちしております)
     掲載希望の方は、 投稿規定
を守ってE-MAILで送ってくださるようお願いいたします。

http://syounnet.movie.coocan.jp/yamayuri84.JPG 

8月4日蔵王上ノ台から中央高原へ登りそして瀧山に向かって縦走しました。その途中に咲いていた山ゆりです。急にやったので足腰が悲鳴を上げてしまい、瀧山は断念。やっとのおもいで沢伝いに下山し無事上ノ台に戻れました。60も後半になると無理はダメですね。
撮影者:山形市・佐藤


過去のギャラリー写真はこちら

© 日本共産党山形県委員会
〒990-2462 山形県山形市深町1-1-45 
周辺地図
Tel. 023-644-1212, Fax. 023-644-1213
委員長 本間 和也  書記長 横山 賢二  副委員長 太田 としお 渡辺 ゆり子
E-Mail:
qqex8gke9@tea.ocn.ne.jp (メールソフトが使用できる環境で、返信が必要な方はこちらからどうぞ)
  山形を活動地域とする党国会議員など
iwabuti.jpg
衆議院議員
高橋ちづ子
参議院議員
いわぶち友
参議院議員
紙 智子